嫌な季節がやってきた

私にとって最も苦手な季節、冬がやってきました。

夏さの暑さは我慢できても、冬の寒さはどうしても我慢できません。

まだ冬本番ではないのに、朝から電気カーペットとエアコンをつけます。

電気代が気になりますが、寒さをしのぐためには仕方ないと思っています。

そんな私をよそに朝から元気な幼稚園児の息子。
大暴れするからかいつも暑いと言います。


今日なんかは本当に寒かったのに、登園時、幼稚園の制服の上着を
「暑いから着たくない。」と言いました。

「今日は寒いから着なさい!」「イヤ!」のバトルを繰り返し、
登園の時刻が過ぎてしまったため、息子に負けて上着なしで登園させてしまいました。

しかし、こんな日に限って幼稚園で予定外の活動がありました。

幼稚園に迎えに行くと、
「ママ、今日探索ごっこがあって、幼稚園の外をたくさん歩いたよ。」
と言う嬉しそうな息子。嫌な予感がしました。

次の瞬間。
「ゴホッ、ゴホッ」と息子が咳をしました。
やっぱり・・それから、息子は咳を繰り返しています。

あ~無理にでも上着を着せたら良かった・・今さらながら後悔です。

来週末は幼稚園のマラソン大会もあるというのに・・
これから頑張って治します。

息子もさすがに寒かったのか、
「明日は上着を着て行く。」と言っています。

始まったばかりだけど、冬よ、早く過ぎてください。