脱毛前日や当日の飲酒は控えましょう

脱毛をしている間は、色々な制約があります。たとえば日焼けをしてしまったとか、運動で汗をかいた直後などは、施術をすることはできません。
最近は家庭でも、脱毛器などを使って自分で施術を行う人は多いでしょう。ただし体が火照っている時とか、日焼け後まだ日数が経たない時などは、絶対にやらないようにしましょう。なぜならば、肌にダメージが出てしまうからです。

また、前日や当日に飲酒するのも、もちろんよくありません。前の日に飲み会をやったり、あるいは当日、休みだからといってビールを一杯飲んでから施術をするというのも、絶対にやらないようにしましょう。なぜ飲酒がいけないのかというと、飲酒後の肌に光やレーザーを当てることで、かゆみが出やすくなるからです。
それからアルコールを体内に入れているため、気分が悪くなったり、戻したりという可能性もあります。前日又は当日のお酒は、絶対に控えるようにしましょう。また脱毛後2日以内ほどのお酒も、かゆみが出ますし、肌が乾燥して脱毛効果が出にくいことがあります。

出典:神戸で高品質の脱毛するなら!リアルな口コミで人気のサロンまとめ

こういう場合も、自分だけだとつい無理をしてしまい、その結果肌のダメージがひどくなることもありますので、やはりサロンとかクリニックなどでやってもらう方が、本当はいいのです。もし何かで前日または当日に飲酒してしまい、気分が悪くなった時は出力を止めてもらえます。施術をしてはいけない時期について、アドバイスもしてくれますし、今後の日程調整をしてもらうこともできます。